じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

iPhoneのGarageBandが楽しくてMTRの出番が減ってきた その3

最近音楽熱が復活しつつあるじょーじです!

 

 

今回も前回、前々回に引き続きiOS版GarageBandの話です。

 

今回はリズムギターをトラックに追加していこうと思います。

 

今作ってる曲のコード進行は

| A   | D  | A  | E D   A |

です。

  

 f:id:kingofrookie:20171207172843p:image

左下の+をタップして

 

 ギターを選択します。

f:id:kingofrookie:20171207172225p:image

 

そしてギターもベースのときと同じくリズムに合わせてコードをタップするだけです。

f:id:kingofrookie:20171207172941p:image

 

これも8小節録音。

これだけでロックっぽいバックトラックの完成です。

 

 

ギターやベースを自分で弾いて録音したいときは

ギターを選択せずにアンプを選びます。

f:id:kingofrookie:20171207173112p:image

 

iPhone用のオーディオインターフェースを持ってなくてもノイズが結構のってしまいますがスマホのマイクで録音は可能です。

  

録音再生ボタンの左側にあるミキサーをタップして

プラグインとEQの中に

f:id:kingofrookie:20171207174355j:image

 

ノイズゲートがあるのでそれを使うと多少はノイズを減らす事も出来ます。歪みが大きいとほとんど効いてる感じがしないですけど…。

 f:id:kingofrookie:20171207174603p:image

  

iPhone用インターフェースを持ってない僕がよくしている録音方法はiPhone純正のイヤホンを使って他のトラック音が入らない状態にしての録音ですね。

ボーカルとかの鼻歌メロディもこの方法で録音します。

 

以上三回に分けて書いてみた僕個人のiOS版GarageBandを使った遊び方というか、デモのデモというか曲のメモの取り方でした。

 

以前は出先で曲のアイデアとか思い浮かんだら、忘れないように何度も何度も頭の中でループさせて自宅でMTRを立ち上げて録音してたんですけど、今はスマホでどこでも録音できるのでかなり便利になりました。

 

iPhone用のインターフェースとか欲しい!

iRigとか惹かれるけどどうなんだろう。

 

これとかいずれ欲しい

 

 

GarageBand

GarageBand

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料

 

 

kingofrookie.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー