じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

ZOOM R8 オーディオインターフェース 使い方 (モニターの音にのみ内蔵エフェクトをかける方法)

どうも、じょーじです。

 

Logic Pro Xでギターを録音するときはR8を使って録音します。

f:id:kingofrookie:20180228185818j:image 

 

モニター音にのみR8の内蔵エフェクトをかけながら、DAWには生音を録音する方法を覚えたので書きます。

スポンサーリンク

 

オーディオインターフェイスモードに設定

まずPCとR8をUSBで接続して電源を入れR8を立ち上げます。

f:id:kingofrookie:20180412223157j:plain

上の写真だと右上辺りにある[USB]ボタンを押します。

f:id:kingofrookie:20180412223220j:plain

上の画面になったら[AUDIO I/F]を選んで[ENTER]ボタンを押します。

 

f:id:kingofrookie:20180412223613j:plain

SETTINGはContinueとResetがあるので好きな方を選んでください。

CLASSは写真ではUAC1.0になってますがUAC2.0を選択(こっちの方がレイテンシーが小さい)

そしてEXECUTEを選択して[ENTER]を押せば。

オーディオインターフェイスモードになります。

モニターの音にのみ内蔵エフェクトをかける方法

f:id:kingofrookie:20180228190202j:image

画面右側の[EFFECT]ボタンを押してインサートエフェクトをオンにします。

お好みのエフェクトを選んだ後、

下ボタンを押しながらREC SIGの項目まで移動してダイヤルを回してDryの表示に変えれば終了です。

 

 後、そのままだとDAW側の生音もモニター用に掛けてるエフェクトも両方聴こえるので、画面左側のbalanceツマミで調整します。

DAW側の生音がいらない場合はDAW側の入力モニタリングをオフにするといいです。

スポンサーリンク

 

おわりに

かなり簡単でした。R8何年も使ってるのに今日初めて使いました。

なんでこの機能をもっと早く使わなかったんだろう…。

 

以前はDAW側でエフェクト掛けてたんですけど、トラック数が多いときとかは

Macの動作が重くなったりして不安だったので

これで多少はMacの負担も減ったかなと思います。

 

プライバシーポリシー