じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

DTM初心者のバンドマンがデモを作るならZOOM R8がオススメ!

どうも、じょーじです。

 

いきなりですが何年も使ってきて、やっぱりZOOMのR8はバンドしてる人がDTM始めるきっかけには最適だなって思ったので書きます。

 

ZOOM R8とは

f:id:kingofrookie:20180228185751j:plain

SDカードに録音できる多機能なMTR

8トラック

8パッドのサンプラー機能

16/24bit,44.1/48kHzサンプリング

USB2.0

USBバスパワー駆動

ハイインピーダンス対応入力

マイク内蔵

 

スポンサーリンク

 

R8のいいところ

リズムパッドがついているので、ドラムの打ち込みも直接パッドを叩いて直感的に入力できる。

一通りのエフェクターやアンプモデリングが入ってるので掛け録りもできるし、あと掛けもできる。

アコースティックシミュレーターとベースシミュレーターもエフェクトとして入ってる

サンプラー機能がついてるので音をサンプリングしてループ再生までできるので、サンプラーとして使える 

R8の少しざんねんなところ

多機能すぎて説明書を読みこまないと、機能を使いきれない

スポンサーリンク

 

オススメする理由

なぜバンドマンが最初に使う機種としてオススメかというと、いきなり多機能なDAWの操作を覚えるより、まずは単体のMTRとして使い音を重ねて録るというシンプルな方法から覚えることができるからです。

 

普通DTMを始めようと思いたって、いきなりオーディオインターフェースやDAWを別々に買った場合は、挫折したときの出費も痛い。

だけど、R8を買えばMTRなんだけどもオーディオインターフェイスの機能もついていて、さらにCubaseも付いてくる。

コスパがいいわけです。

 

覚え方もR8は他のオーディオインターフェイスと違って、基本的に単体でMTRとして動くので、まずはスタジオ練習の時にスタジオに持って行きましょう。

それで本体のマイク機能を使ってまずは演奏を録音するだけ。

これを2,3回繰り返すだけで覚えれると思うので、次はその録音した音に家で音をさらに重ねてみる。

その次はリズムが入ってるので、それを流しながらデモを1曲作ってみる。

そうすると一連の流れがわかると思うんです。

 

流れが理解できたら、そこで初めてPCにR8を繋いでDAWを操作したほうが僕はわかりやすいんじゃないかなと思う。

 

他にもパッドをサンプラーとして使うこともできるし、曲をR8内でプロジェクト単位で管理しておけば、プレイリストにプロジェクトを追加して連続再生できるのでライブでセットリスト順にオケを流すこともできます。

 

オーディオインターフェイスとして使う場合はモニター音にだけエフェクト掛けれるし、すごい便利です。

多機能すぎて操作が若干複雑な点は逆に欠点にもなるけど、僕的には他に欠点が見当たらないMTRです。

 

 

 実は僕は先にバンドの音を一発どりで録音したいからとZOOMのR16を買って使っていました。

R16を買ったはいいけど、バンドでそれぞれのパートにマイクをたてて頻繁に録音する機会は意外となかった。

しかも、R16はリズムパッドが付いてないので打ち込みのドラムが作れず一つ前に使っていたZOOM MRS-8で結局デモを作ってました。

その頃はMRS-8でデモを作っても古すぎて直接PCに取り込むことができないので、MRS-8のアウトをR16に繋いで録音という、もうすごい効率の悪いことになってました。

その後、ようやくR8を買って現在にいたります。

初めからR24の最上位機種を買えば良かったのに、半端にR16を買うからもう一台MTRを買うという悪循環。

 

なので、バンドマンがデモ作りやスタジオの練習を録音するならZOOM R8が一番オススメですよ!