じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

今さらThe Strokesの「Room On Fire」を聴いた感想

どうも、じょーじです。

 

実家の近所にある書店でCDを5枚買いました。

それが何と新品なのに1枚200円!

激安です。

 

買ったCDはこれ

f:id:kingofrookie:20180329034834j:image

輸入盤4枚とインディー盤1枚。

輸入盤とはいえこんなメジャーなアーティストばかりなのに田舎はCDがもう全然売れないんでしょうね。

CD買わなくなってきたって書いたばかりなのに、ブックオフばりの値段に釣られて買っちゃいましたよ…

 

その中の1つThe Strokesの「Room On Fire」を通勤するときに車で聴いてるんですけど、このアルバムだんだんと親近感がわいてきました。

2曲目イントロ流れたときに、あれ?これ俺が以前作った曲に激似!?ってなったとことか。

 

(冷静に考えると、そもそも2曲目イントロはベースとドラムだけのシンプルな演奏だから、そりゃあ似ることもあるわなってわけですけどね)

スポンサーリンク

 

元々、全体的にシンプルな曲が多い印象のバンドなんですけど、よく聴くとドラムやベースの音が曲ごとに違ってたりして聴けば聴くほど発見があります。(例えば6曲目と7曲目とではドラムの音が違う)

 

確かギターは2人いて、2人ともパッと聴き似たような音色なのにググってみたら、エピフォンのリビエラとフェンダーのストラトということで全然違いました。使ってるエフェクターなどは同じみたいだから似たような音になってるのかなー。

ただ、ストロークスはこの2人のギターの絡みが聴きどころだと思います。

簡単レビュー

1曲目「What Ever Happend?」のイントロの2拍目の音はギターのカッティング音に聴こえるけどスネア叩いてないのかな?気になる。

2曲目「Reptilia」はサビに入る前からのベースフレーズがカッコいい。

3曲目「Automatic Stop」イントロドラムの入り方が印象的。僕が叩いたら入りのタイミングを間違えてメンバーがズッコケそう。

4曲目「12:51」歌が始まったときのバックで弾いてるリードギターが印象的。リードギター歪みがシンセみたいな音。

7曲目の「Meet Me in the Bathroom」はユニゾンでギター弾いてると思いきや途中でそれぞれ別のフレーズになったりするし。というか他の曲もしょっちゅうユニゾンしてる。

8曲目「Under Control」はイントロのドラムのステレオ感が好き。途中のフィルも音広がるね。

9曲目「The Way It Is」はドラムが打ちこみっぽいのがまたいい。

タワレコとかの試聴機で聴いたら即買いしそうなくらい、このアルバムはイントロで心を掴まれる曲が多い。そして聴けば聴くほと美味しいスルメ曲ばかりである。

ギターの音は今度MS-50gで音作りしてみたい。

 

そういえば銀杏boysのデビューアルバムとかTUTAYAで試聴した時の衝撃は凄まじかったなぁ(しみじみ)

 

他にも4枚買ったやつがあるので楽しみ。

 

さらに思い出したけど、10代の頃に作った曲もイントロだけならルースターズのロージーって曲と一緒だったなぁ…

ただその先の展開やメロディが素人の自分と全然違ってて、プロの方がもちろんすげーカッコよくてまったく別の曲だけど。

けど…親近感わいてくるよね。

 

ルーム・オン・ファイア

ルーム・オン・ファイア

 

プライバシーポリシー