じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

VARIAX WORKBENCH HDの使い方を覚える前に接続でつまづいた話

どうも、じょーじです。

 

VARIAXギターを購入してしばらくたちますが、そろそろWORKBENCH HDを使ってカスタムギターを作ってみようと思いました。

思ったのはいいですが、準備段階で苦労したので備忘録的に書いておきます。

下準備
  1. LINE6にアカウントを作る
  2. アカウントを作成するとWORKBENCH HDがダウンロードできるようになるので、ダウンロード
  3. LINE6 Monkeyもダウンロード

スポンサーリンク

 

接続
  1. VARIAX VDI USB INTERFACEをパソコンに繋げる
  2. PCでLINE6 Monkeyを立ち上げログインして念のためアップデートを確認
  3. 左下イラスト上のChange Deviceをクリックして接続が成功しているか確認
  4. VDIケーブルでVARIAX VDI USB INTERFACEとVariaxを繋げる
  5. ギターにシールドを差し込む
  6. WORKBENCH HDを起動

f:id:kingofrookie:20180406140616p:plain

おわり

最初は、ギターのインプットにシールドを差し込まなくても起動するものと思っていました。

ギターをインターフェースで接続したけど、インターフェインスのランプが、片方赤で点滅してるし、全然反応しません。

f:id:kingofrookie:20180406135508j:plain

(写真は正常に接続できてるので、両方緑で点灯しています)

 

そこでやっと説明書読みました。(それまで説明書開いてもいなかった)

だけど手持ちに付属していた説明書には書いてないんですよねー。

 

そこで、ネットで探したらLINE6サイトにWORKBENCH HDの説明書がPDFでありました。

 

説明書を読むと「1/4インチのギター・ケーブル(Variaxを起動するのに必要)」と書かれてました。

f:id:kingofrookie:20180406140452j:plain

 

やっぱり初めに説明書は読むべきですね・・・。

ということでモデリングに無いギター音作れるようになりました。

 

まずはモズライト風ギター作りたいなぁー。

 

www.jyo-ji.com

プライバシーポリシー