じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

ZOOM G2.1uでの音作りの方法(空パッチの作り方)

どうも、じょーじです。

 

いまさらですが、ZOOM G2.1uの空のパッチの作成方法を書き残しておきます。

下準備

けっこう簡単です。

まずは消していいパッチ(上書きして消してしまうのを防ぐため)を選択します。

 

写真では例としてA0番を使用します。

ZOOM G2.1uパッチはA0

空のパッチの作成

ZOOM G2.1u

準備ができたら1番左のツマミ(青丸)を回してCOMPにします。

COMPにしたら左のフットスイッチ(赤丸)を押します。

これで、COMPエフェクトをオフにできます。

 

次は1番左のツマミ(青丸)を回してWAH/EFXにします。

そしてさっきと同じように、左のフットスイッチ(赤丸)を押します。

 

この流れでもうわかったかと思いますが、1番左のツマミ(青丸)を回しては左のフットスイッチ(赤丸)を押すというのを繰り返せば、すべてのエフェクトをオフにできます。

 

CONTROLという項目だけは上のやり方でオフにできませんが、この項目はOUTPUTのとなりにあるCONTROL INに、何か接続している時に主に使う項目なのでそのままでいいです。

スポンサーリンク

 

パッチの保存

PATTERNツマミの下にあるSTOREボタンを押します。

パッチ番号が点滅すると思うので保存したい番号に合わせます。

 

ちなみに、

[- EFECT TYPE +]と書かれてるボタンの+-を押すと表示左のBANK側が、

フットスイッチを押すと表示右のPATCH側の数値が変化するので、それで選びます。

決まったらSTOREボタンを押して上書きします。

 

空のパッチは1つではなくて、2つ保存しておくのをオススメします。

 

これでエフェクトが何も入っていない空のパッチの完成です。

 

あとは音をゼロから作りたい時にこの空パッチを呼び出して、音作りして終わったら作った音を、空パッチ以外のパッチに保存するようにすれば、何度でもゼロからすぐ作れるようになります。 

スポンサーリンク

 

おわりに

僕がいま主に使用しているMS-50gは最初から空のパッチがあるけど、G2.1とかこれより前の606なども空のパッチがないので、このやり方でパッチを作っておくと楽です。

 

G2.1は作りがしっかりしてて、今でも十分使えるマルチエフェクターだと思うので壊れるまで手放さずに持っておこうと思ってます。