じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

KittarとChord Trackerはギターとか楽器の練習に最適なアプリだ!

f:id:kingofrookie:20180514015238p:plain

どうも、じょーじです。

 

Kittarというアプリを知ってますか?

 

僕は最近知ってめっちゃ便利やん!ってなったので書きます。

 

Kittarとは?

Kittarはヤマハが公開してる、スマホの中に入ってる主に自分で取り込んだ楽曲(DRM楽曲はできない)を、フレーズ単位で再生するというアプリです。

 

Kittar - フレーズ練習アプリ(キッター)

Kittar - フレーズ練習アプリ(キッター)

  • Yamaha Corporation
  • ミュージック
  • 無料

 

僕がどういう場面で使うか

再生するときに再生スピードを変えたり、1フレーズをリピート再生することもできるので個人練習で使ってます。

 

読み込んだ曲はフレーズごとに自動で切ってくれます。

その切り方が適当ではなく、アプリ側が考えてキレイに切ってくれてるのでとても使いやすい!

もちろん、自分でフレーズの位置を調整することもできますよ。

僕はギターやピアノの早いフレーズを練習するときに使ってます。

 

使い方

アプリを立ち上げたら、まずはミュージックから選ぶを選択して楽曲を読み込みます。

f:id:kingofrookie:20180514011437p:image

こんな感じに自動でフレーズを切ってくれます。

フレーズをタップすれば再生が始まります。

繰り返したいときはフレーズ右端のアイコンをタップすればいいです。

 

フレーズの再生速度を遅くしたいときは、上の画像でいう黒い部分をタップします。

すると下の画像の画面になります。

f:id:kingofrookie:20180514011440p:image

あとはー(マイナス)や+(プラス)をタップすれば再生速度が変わります。

 

詳細にフレーズ範囲調整もできますよ。

f:id:kingofrookie:20180514011452p:image

Chord Trackerとは?

Chord Trackerもヤマハが公開している、読み込んだ楽曲を自動解析してコード譜を作ってくれるというアプリです。

 

Chord Tracker

Chord Tracker

  • Yamaha Corporation
  • ミュージック
  • 無料
僕がどう使っているか

主な使い方は持ってる曲を耳コピするときに使います。

コードが違ってることもあるけど、大ヒントにはなるのですごい便利です。

コードの編集もできるので、このコード違うなと思ったら表示を書きかえることもできます。

あと1つの使い方は、自分で作った曲のコード譜を作ってなくて、コードがわかんなくなったとき(よくある)に使います。

使い方

楽曲を読み込んだらコードが表示されます。

再生ボタンを押せば、曲と一緒に今どのコードが鳴っているか教えてくれます。

画面下にある鍵盤やギターをタップすれば、それぞれのコードの押さえ方まで教えてくれます。

f:id:kingofrookie:20180514011505p:image

 

表示されてるコードをタップすればコードの変更もできます。

そのときコード音も流れるので音の確認もできます。

f:id:kingofrookie:20180514011619p:image

 

その画面でその他をタップすればコードを変更することもできます。

変更する音の確認もできますよ。

f:id:kingofrookie:20180514011656p:image

おわりに

なんて優秀なんだ・・・。

この有料でもおかしくないような、機能を持ったアプリをヤマハが無料で公開してるって、ふとっぱらだなって思いました。

プライバシーポリシー