じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

Mac Book proでZOOM R16を、オーディオインターフェイスとして使って録音したらノイズで音が割れた時の対処法

どうも、じょーじです。

 

R8のリズム打ち込み方の記事を作ろうと思って、R8のMTRモードでの音を録音しようと、久しぶりにR16の方を使ってます。

R16をどう使うかというと、R16をオーディオインターフェイスとしてMacと繋いで、R8のOUTPUT音を録音しようという考え。

 

 

それで、試しにLogic pro Xを立ち上げてR16を使って録音してみました。

3点録音して録音した音を聞いてみると、どれもブチブチというノイズと音が勝手に歪んで使い物になりませんでした。

 

何回か繰り返してもダメなので、ググってみると今Macに入れてる専用のオーディオドライバーが古くてダメみたいなので、アップデートすることに。

スポンサーリンク

 

対処法

さっそくZOOMの公式サイトのR16のページからオーディオドライバーをダウンロードしてアップデート。

 

無事アップデートした後に、再度録音してみるとちゃんとした音で録音できるようになってました。(ドライバーのバージョンは1.5.0)

f:id:kingofrookie:20180516133741p:plain

 

※アップデートするときにOS側がプログラムをブロックしてしまうので、ブロックされて反応がないときは「システム環境」内の「セキュリティとプライバシー」の右下に許可というボタンが出現しているので許可を押してください。

おわりに

R8の音を録音しながら動画も撮ろうとしているために、MTRにMTRを使うというすごい非効率な使い方・・・。

プライバシーポリシー