じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

THE BLUE HEARTSの「TRAIN TRAIN」の音作りに挑戦!(MS-50g)

どうも、じょーじです。

 

今回はブルーハーツ時代のギター真島さんの音作りに挑戦してみました。

野音 Live on'94 6.18/19の時のトレイン・トレインの音を作ります。

 

 

参考にした音源、楽譜

参考音源はこちら。

野音 Live on ’94 6.18/19

 

参考譜面はこちら。

f:id:kingofrookie:20180603125823j:image

 

似た楽譜が楽天にありました。


 

もう古くて楽譜もレアなんですね。

僕が持ってる譜面は楽天のとは表紙と出版社が違います。

けど、出版日とページ数が同じなので会社名が変わったのかなー。

 

出音確認に使用した主な機材

LINE6 Variax Standard(レスポール・スペシャルのモデリングを使用)

ZOOM R8

ZOOM MS-50g

MS-50gをR8にモノラルで接続。

詳しくはこちら 

TRAIN TRAINの基本情報

ネットや手持ちの雑誌で調べた情報によると、

真島さんが、その頃メインで使用していた機材は

 

ギター:レスポールスペシャル

エフェクター:SD-1

みたいです。

 

・・・そうです。手に入れた情報が少ないです(泣

当時のギターマガジンとか手に入れることができたらわかりそうですね。

スポンサーリンク

 

MS-50Gのセッティング

OverDrive→MS 1959にしてみました。

歪みをオーヴァードライブの方で作ってるので、この曲に限らずほとんどの曲はOverDriveのオンオフでのりきれそうです。

 

基本はアンプ側を歪み少なめで、エフェクター側で歪ませるでいいと思います。

・OverDrive

f:id:kingofrookie:20180603172442j:image

Gain:53  Tone:44  Level:100

・MS 1959

f:id:kingofrookie:20180603172515j:image

Gain: 9  Tube: 34  Level: 100

Trebl: 44  Middl: 50  Bass: 50

Prese: 36  CAB: MS 1959 4×12

OUT: LINE

 

こんな感じです。

Variaxのレスポールスペシャルでは弾いてて少しキンキンしたので、Preseなどの数値を小さくしました。

 

ただし、アンプモデルを入れるとかなり処理量(DSP)をくうみたいで、そのあとにエフェクト追加しようとしたら「DSP FUll!」と表示されるエフェクトがありました。

 

おわりに

リンダリンダも、イントロはOverDriveをオフにしといて、途中で踏んでオンにすれば弾けそうです。このパッチでほとんどの曲弾けると思う。