じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

エレファントカシマシの「Wake Up」を聴いた感想

どうも、じょーじです。

 

今日はエレファントカシマシのアルバム「Wake Up」を聴いた感想です。

エレカシは僕の中では98年の「愛と夢」で止まってます。

ラジオとかに宮本さんが出てたら聴いてたりもしました。

その間シングル曲やタイアップ曲は聴いてたけど、その程度です。

 

Spotifyのおかげで、新譜が聴けるようになったので聴いてみました。

Wake Up by Elephant Kashimashi on Spotify

 

新譜を聴くきっかけはなんとなく。

 

「愛と夢」までのイメージで1曲目「Wake Up」を再生したら、ビビった。

エレカシ再生したつもりが、クリックする場所間違えたのかと思った。

イメージぶっ壊れた。別のロックバンドかと思った。

曲の途中のセリフ氣志團かと思った。

 

そのくらい衝撃をうけた。まさか、勝手によく知ってるつもりになってたバンドに衝撃を受けるとは・・・。

 

衝撃も冷めぬうちに2曲目「Easy Go」初期衝動パンクみたいなこの曲は、すごいかっこいいんだけど。まだ状況が飲み込めない。

 

これ・・・、エレカシだよね・・・。って感じ。

 

3曲目「風と共に」が流れ始め聴き進めるときにようやく、これこれ、この感じと思うようになれた。

ただエレカシに対して思ってたイメージがもう強制的に最新の状態に上書きされてしまった。

久々に味わう、この衝撃を受ける感じ。

 

新しいアルバムを聴いてよかった。

全曲聴き終わったあと、また1曲目から聴きたくなってる。

 

後半の曲には、ほんのりビートルズを感じました。

ビートルズというか70年代の感じが近いかも。

そういうアレンジなのかな。

 

ということで、今は「愛と夢」から「Wake Up」までの間のアルバムを全部聴いてます。

 

Wake Up(初回限定盤)(DVD付)

 

プライバシーポリシー