じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

「リハスタ定番アンプ100%使いこなしガイド」を読んだ。【レビュー】

どうも、じょーじです。

 

「リハスタ定番アンプ100%使いこなしガイド」を読んだ感想です。

リハスタ定番アンプ100%使いこなしガイドの本

本の内容をざっくり説明すると、練習スタジオにある定番アンプの使い方ですね。

書いてあるアンプを紹介すると

  • JC-120/ローランド
  • JCM2000 DSL/マーシャル
  • JCM900 4100/マーシャル
  • JVM210H/マーシャル
  • '65Twin Reverb/フェンダー
  • Twin Amp '01/フェンダー
  • Dual Rectifier/メサ・ブギー
  • TriAmp MKⅡ/ヒュース&ケトナー
  • AC30CC2/ヴォックス
  • ROCKERVERB 100 MKⅡ/オレンジ

たくさんページを使って説明している機種が上の10種類。

他にも見開き2ページずつだけど、ピーヴィーの5150などの9種類、ベースアンプが8種類掲載されてます。

 

上の10種類にいたっては、写真付きで音を出すまでの手順も書いてあります。

(電源を入れるところから、EQ・エフェクトを使うところまで順を追って書いてある)

 

アンプの使い方のコツや、セッティングサンプルがいろいろ書いてあるので、すごい参考になりました。

 

アンプによってはシールドを刺すインプットが2つあったり、チャンネルが2つあるときは、どの時にどっちを使えばいいかとかまで書いてあるのがよかった。

 

 

 

以前、普段使わないリハスタス入ったときに、ヒュース&ケトナーのアンプしかないことがありました。

 

普段使わないから、ツマミたくさんあるし、光るし(関係ない)

音作りに苦労した記憶があります。

 

そいうときにこの本は役にたつと思います。

個人で持つというよりリハスタに1冊置いてあったら嬉しいかも。

 

 

 

僕が行ってたスタジオやライブハウスは、ほぼJC-120とマーシャルのアンプ(JCM2000とか)が置いてあるので、使い方考え方がわかるのもよかったです。

 

ベースアンプもすごい勉強になりました。

 

あともう一つ。DTMでアンプシミュレーターを使うときにも、使ってます。

AmpliTube 4の中にたくさんのアンプが入ってるので、そのアンプのセッティングにも役立ちました。

 

Logicに最初から入ってる、アンプのセッティングでも使いました。

この本はパネルの実際の写真やイラストが載ってるので、アンプシミュレーターの名称だけでは、どのアンプのモデリングかわからない時にも探せるしで、買ってよかった。

 

Amazon →リハスタ定番アンプ100%使いこなしガイド(CD付) (ギター・マガジン)

Kindle版 →リハスタ定番アンプ100%使いこなしガイド(CD付) (ギター・マガジン)

楽天 →リハスタ定番アンプ100%使いこなしガイド【電子書籍】[ ギター・マガジン書籍編集部 ]

プライバシーポリシー