じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

スポンサーリンク

ZOOM G1Xonでまたまた「Come As You Are」の音作りをしてみた。

どうも、じょーじです。

f:id:kingofrookie:20181111023437j:image

今回は新しくマルチエフェクターG1Xonを買ったので、

僕の中で毎度お馴染みのNIRVANAのCome As You Areの音作りをしてみました。

この曲が入ってるアルバム自体が好きなのでそのうち全曲、音も作って打ち込みで全曲コピーしてみたいですね。

 

参考にしたアルバム

NEVERMIND/REMASTERED

出音確認に使った機材

ギターはVariaxで全弦1音下げです。

ストラトモデリングを使って、ツマミを回して1音下げにするだけなので楽チン。

 

G1Xonに直接ヘッドフォンで確認。

 

G1Xonのセッティング

先に書いておくと前回作ったMS-50Gとほぼ同じです。

組み合わせは

Dist1CHORUSBG CRUNCHにしてみました。

歪みが欲しいときにDist1を踏む感じでいいと思います。

Dist1の画面で待機させておかないといけないのが欠点・・・。

 

歪みなしのパッチと歪みありのパッチ2つ作って踏み分けるのもありかも。

 

・Dist1

Gain 98 : Tone 50 : Level 99

f:id:kingofrookie:20181111023452j:image

 

・CHORUS

Depth 50 : Rate 25 : Mix 50

Tone 7 : Level 100

f:id:kingofrookie:20181111023509j:image

・BG CRUNCH

Gain 4 : Tube 50 : Level 99

Trebl 50 : Middl 50 : Bass 50

Prese 60 : CAB BG CRUNCH1×12 : OUT LINE

f:id:kingofrookie:20181111023525j:image

おわりに

基本設定は前回のMS-50G音作りで使ったのが、そのまま使えるだろうと思ってたら、MS-50Gで使っていたCLONE CHORUSがなかったのでCHORUSにしました。

揺れる感じが足りない気もして毎度のごとく迷いました。

 

後、ほんとVariax買ってよかった。

1音下げもだけど、オープンGとか半音下げとかも、ツマミ回すだけで変えれるから試しに弾いてみようって気になる。

プライバシーポリシー