じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

The CureのBoys Don't Cryのギター音作りに挑戦!

スポンサーリンク

どうも、じょーじです。

 

今回はThe CureのBoys Don't Cryのギター音作りをG1X FOURを使って挑戦してみました。

ギターの単音リフが印象的な曲ですね。耳コピもしやすいです。

聴いてみるとギターはコード弾きのクリーン音とリードの歪みがありました。

 

参考にした音源

THE Cureのベスト盤ですね。

バンドスコア

(画像をクリックしたらAmazonにジャンプします)

中古本であったけど、値段が・・・。

耳コピかネットでコード探す方がいいと思います。

 

出音確認に使用した主な機材

LINE6 Variax Standardモデリングなし。

ZOOM G1X FOURから直接ヘッドフォン。

詳しくはこちらの記事の練習方法に書きました。

スポンサーリンク

 

G1X FOURのセッティング

ギター→TS Drive→CloneCho→UK 30A→UK2×12→Room

となりました。

アンプは歪んでない音が出たUK 30Aをチョイス。

アンプは歪ませずに、TS Driveで歪ませました。といっても軽く歪ませる程度で十分。

コード弾きで聴こえるギター音はうっすら、コーラスが掛かってるように聴こえたのでコーラスを追加して薄く掛けてます。

 

TS Driveのエフェクトをオンオフすることで、クリーンギターパートの音もそれっぽい音を出せるようにしてみました。

 

・TS Drive

Gain 25 : Boost OFF : Tone 57 : VOL 82

・CloneCho

Depth 1 : Rate 30 : Tone 100 : Mix 40

・UK 30A

Bass 49 : Treble 38 : Cut 78

Gain 10 : VOL 76 : Depth 0

Speed 50

・UK2×12

MIC ON : D57:D421 50 : Hi 50 : Lo 50

・Room

PreD 20 : Decay 10 : Mix 30 : Tail OFF

おわりに

今までで1番好みの音が作れました。

今回音を作ってて感じたんですけど、G3n以上の上位機種欲しい。

このエフェクターの音質で、個別にエフェクトオンオフが可能って最高やん・・・。

プライバシーポリシー