じょーじの音楽備忘録ブログ

音楽を中心とした雑記ブログ。

The CureのBoys Don't Cryのギター音作りに挑戦!

スポンサーリンク

どうも、じょーじです。

 

今回はThe CureのBoys Don't Cryのギター音作りをG1X FOURとMS-50Gのそれぞれで挑戦してみました。

MS-50GのエフェクトとパラメーターはG1on,G1Xonでも同じセッティングにできます。

ギターの単音リフが印象的な曲ですね。耳コピもしやすいです。

聴いてみるとギターはコード弾きのクリーン音とリードの歪みがありました。

スポンサーリンク

 

参考にした音源

THE Cureのベスト盤ですね。

バンドスコア

(画像をクリックしたらAmazonにジャンプします)

中古本であったけど、値段が・・・。

耳コピかネットでコード探す方がいいと思います。

 

出音確認に使用した主な機材

LINE6 Variax Standardモデリングなし。

ZOOM G1X FOURから直接ヘッドフォン。

詳しくはこちらの記事の練習方法に書きました。

G1X FOURのセッティング

ギター→TSDrive→CloneCho

→UK30A→UK2×12→Room

となりました。

アンプは歪んでない音が出たUK 30Aをチョイス。

アンプは歪ませずに、TS Driveで歪ませました。といっても軽く歪ませる程度で十分。

コード弾きで聴こえるギター音はうっすら、コーラスが掛かってるように聴こえたのでコーラスを追加して薄く掛けてます。

 

TS Driveのエフェクトをオンオフすることで、クリーンギターパートの音もそれっぽい音を出せるようにしてみました。

 

・TS Drive

Gain 25 : Boost OFF : Tone 57 : VOL 82

・CloneCho

Depth 1 : Rate 30 : Tone 100 : Mix 40

・UK 30A

Bass 49 : Treble 38 : Cut 78

Gain 10 : VOL 76 : Depth 0

Speed 50

・UK2×12

MIC ON : D57:D421 50 : Hi 50 : Lo 50

・Room

PreD 20 : Decay 10 : Mix 30 : Tail OFF

MS-50G,G1on,G1Xonのセッティング

MS-50Gでは

ROOM←VX COMBO←Chorus←T Scream←ギター

の接続順になりました。

基本的には、G1X FOURのときと同じように作ってみました。

アンプはVX COMBOかFD COMBO、FD VIBROで迷いました。

 

こちらもT Screamの画面にしておいてもらってエフェクトをオンオフすれば、クリーンパートもそれっぽい音がでるようにしてみました。

 

・T Scream

Gain 40 : Tone 56 : Level 100

・Chorus

Depth 27 : Rate 24 : Mix 28

Tone 7 : Level 100

・VX COMBO

Gain 16 : Tube 41 : Level 100

Trebl 52 : Middl 39 : Bass 49

Prese 53 : CAB VX COMBO 2×12 : OUT LINE

・ROOM

Decay 10 : Tone 8 : Mix 43

PreD 25 : Level 100 : Tail OFF

 

G1X FOURの音と同じにはできませんでしたけど、似た感じにはできたかなと。

おわりに

G1X FOURの方は今までで1番好みの音が作れました。

今回音を作ってて感じたんですけど、G3n以上の上位機種欲しい。

このエフェクターの音質で、個別にエフェクトオンオフが可能って最高やん・・・。

www.jyo-ji.com

プライバシーポリシー